終末ウィークエンド

とある芸大生がつくったものたちの記録です。

最中を食べてる最中

タイトルは「モナカを食べてるさいちゅう」ですよ。

なんで最中に2つの読み方があるのか調べると色々な説が出てきて面白ったので気になる方は是非に。

 

さて、本題です。

最近私の中で話題のビッグニュース。

私の住む地域でも、あのルマンドアイスが発売されたことです。

ネットで美味しいという話題を見てから発売を待ち続け早1年…

ついに!発売!発見!購入!実食!

(発見から実食まで約10分)

 

感想は…期待通りだ!

お高めのいいアイスクリームにいつものルマンドがサンドされていて、そしてあのサクッハラハラ…というルマンドの真骨頂とも言えるあの食感がチョココーティングでキープされてるわけなのですね。

思った通り、噂通り、こりゃ美味しいです!

 

しかし私は思ってしまいました。

(ブルボンの他の袋ビスケットでも美味しいのでは…!?)

 

ということで

 

f:id:tomatoast8:20171208151337j:image

思い立ったらやらずにいられない性分なんでね!

 

f:id:tomatoast8:20171208151406j:image

まずはモナカアイスを包丁でスパッと!

ちなみにアイスは1箱5個入りのミニサイズのモナ王です。

 

f:id:tomatoast8:20171208151443j:image

こうして並べて片方のモナカでフタをすれば、ホワイトロリータアイスの出来上がり。

 

いただきます!

f:id:tomatoast8:20171208151553j:image

めちゃ美味しい!分かり切ってた!

ホワイトロリータのザクホロしたビスケットとバニラアイスがすごく合います。

ホワイトチョコの味もナイス。

 

f:id:tomatoast8:20171208151738j:image

バームロールでもやってみました。

2本を縦に切って並べれば、あら簡単!バームロールアイス。

 

うあ〜これもうんま〜〜〜い…。

バームロールの独特な甘みがバニラアイスと引き立て合う感じです!

 

結果としては、やっぱりブルボンのお菓子は最強です。

ブルボンの袋ビスケットシリーズはやはり強いです。いつどこで何と一緒に食べても絶対美味しい。

今回のサンドアイスももちろんどちらも美味しかった!

どっちかと決めるなら、ホワイトロリータの方が好みかな〜。

 

自作ブルボンサンドアイス、大満足でした。

ごちそうさまでした!

 

最後に、全国のお店よ!ルーベラとチョコリエールとレーズンサンドをもっと置いてくれ!

チョコリエールアイスとか、もう絶対美味しいやつだから…

 

 

パウンド型で、初めてのパン作り

f:id:tomatoast8:20171202153206j:image

タイトル、うそつきました。

初めてではありません。

パン作り、リベンジです!!

 

夏に一度チャレンジして、あまりにもひどい結果に終わったのでずっと避けてきたパン作り。

それゆえトラウマなパン作り。

でも魅力的なパン作り。

ということで、今回もっかいチャレンジしました!

 

f:id:tomatoast8:20171202143007j:image

きっちりきっちり計量。

 

 f:id:tomatoast8:20171202143050j:image

こねこねこね〜〜

前回はこの段階で生地が永遠にまとまる気配を見せなかったため、断念しました。

 

f:id:tomatoast8:20171202143233j:image

一次発酵からの三等分してベンチタイム。

 

f:id:tomatoast8:20171202143116j:image

仲良く並んでて可愛い。

みつごちゃんです。

 

f:id:tomatoast8:20171202143135j:image

二次発酵したらこんな感じ!

えっめっちゃ順調

 

200℃のオーブンでいい焼き色が付くまで焼きます。

部屋の中はパン屋さんと同じ匂い!

うまくできるか緊張。

 

焼き上がりました。

f:id:tomatoast8:20171202153258j:image

なにこれ大成功かよー!

 

焼きたてをコーンスープと一緒に、いただきます!

 f:id:tomatoast8:20171202154637j:image

 

外側はカリカリサクサク、中はふんわりもっちり。

笑ってしまうくらいに、さいこーにおいしーい!

 

 f:id:tomatoast8:20171202154628j:image

ちゃんとパンの断面になってる…!感動!

 

f:id:tomatoast8:20171202153603j:image

 

f:id:tomatoast8:20171202153613j:image 

秘技、ひたパン食べ。

美味しい〜たまらん〜!

 

 f:id:tomatoast8:20171202154621j:image

ごちそうさまでした!

 

再挑戦パン作り、成功しました。

パンが作れるって、これはちょっと誇りを持っても良いことなのでは!?

うまくいってすっごく嬉しいです!

喜びと感動と驚き!あとパンへの愛!

 

これから何度も何度も作って、自分用の作り方を見つけて、色んなパンに挑戦していきたいです。

目指せさらなるもちもち食感!

 

あと2切れは、また明日に。

f:id:tomatoast8:20171202154748j:image

 

 

ほうじ茶ホイップを乗せた抹茶生チョコタルトの作り方

f:id:tomatoast8:20171201211730j:image 

今日のお菓子作りは、濃厚な抹茶生チョコを流し込みほうじ茶ホイップクリームを添えたタルトです。

 

〈材料〉(15cm丸型)

〇タルト台

・バター(またはマーガリン)…50g

・砂糖…50g

・卵黄…ひとつ

・薄力粉…100g

〇抹茶生チョコ

・ホワイトチョコ…135g

・生クリーム(動物性、植物性、ホイップどれでも)…70cc

・抹茶…大さじ1.5

・まぶす用の抹茶

〇ほうじ茶ホイップクリーム

・ほうじ茶…2g

・生クリーム(生チョコで使った残りを使用)…130cc

・砂糖…10g

 

〈作り方〉

①タルト台を作ります。

柔らかくしたバターに材料を順に加え混ぜます。薄力粉は振るい入れゴムべらで切るように混ぜます。

 

②生地がひとつにまとまったら、バターやマーガリンを塗って薄力粉をまぶした型に敷き込み、フォークで穴を開けて170℃でいい色になるまで(25分ほど)焼きます。

粗熱が取れてから型から外します。

f:id:tomatoast8:20171130162244j:image

上手に焼けました〜!

 

②次に、生チョコを作ります。

ホワイトチョコをバッキバキ割ります。破ァ!

小さな欠片をちょいとつまみ食いします。ウマーイ!

f:id:tomatoast8:20171130162318j:image

 

③抹茶とクリームを混ぜ、火にかけます。

湯気が上がるくらいまで温めたら火から上げ、チョコを入れ溶かします。

f:id:tomatoast8:20171130162350j:image

 

④よく混ざって粗熱が取れたら、タルト台に流し入れ冷蔵庫で冷やし固めます。

f:id:tomatoast8:20171130162356j:image

当時の私(表面がなんかグロいけどこれ分離してないか…?)

 

⑤最後に、ほうじ茶クリームを作ります。

ほうじ茶葉と砂糖とホイップクリームを合わせ、氷水で冷やしながら九分立てくらいに泡立てます。

f:id:tomatoast8:20171130202141j:image

ほうじ茶葉が水分を吸うので気持ち緩めで泡立てストップ。

お茶のいい匂いがするです〜〜!

 

⑥表面を抹茶でお化粧し、クリームを絞ります。

そのまま絞ると抹茶が打ち粉の役割をしてしまいクリームの定着が悪いので、ほんの少し水滴を垂らしてから絞ります。

f:id:tomatoast8:20171130202210j:image

 粉ムラがひどい!

 

センスのない絞り方になったけどムラが隠れていい感じです!

ほうじ茶ホイップ抹茶生チョコタルトの出来上がり。

f:id:tomatoast8:20171130202219j:image

 

だがしかし!切り分けるとクリームが包丁に引っ付きボロボロべっちゃべちゃ、かなりの地獄な絵図に…

f:id:tomatoast8:20171130202259j:image

うわあ。

切り分けてからクリーム絞ればよかったと反省アンド反省!

味が良ければ良いんだ!(半泣き)

 

(自転車で学校に持って行ったらケーキ箱の中でひと切れひっくり返っていましたが、カットした時点でダメージ受けていたので軽めで済みました。結果オーライ。)

 

お誕生日を迎えレベルアップした友達と共に、いただきます!

 

分離していた抹茶生チョコ、味はまったくノープロブレム!

ねっちり濃厚抹茶味です。

タルトはザクザク、いい食感。

ホイップクリームはしゅんわり優しい口溶けで、濃厚な生チョコに合うあっさり味です。

後味でほうじ茶がふわっと香り、すっごくおいしゅうございます。

 

ごちそうさまでした!

いつもの抹茶好きメンバーに加え、今回初めて私のお菓子を食べてくれた友達からも、美味しい!のお言葉を頂きました。

いつも美味しそーに食べてくれて、ほんとにありがとうな…!

 

 

今回、初めて分離を経験しました。

これが、これが分離か…!厄介!

調べると、レンジでクリームとチョコを一緒に温めて溶かした方が分離しにくいそうです。

楽ちんレンチンでまたリベンジします。

 

あと、デコレーションするタイミングもちゃんと考えてするべきですね。←重要

 

お菓子作りも失敗から学んでいくもんだと度々実感です。

次は工程も見た目も美味しく。

 

抹茶お菓子月間はまだまだ継続中でーすよ!

 

 

マシュマロ抹茶マフィンの作り方

f:id:tomatoast8:20171126144000j:image

 

今日は、マシュマロを乗せて焼いた抹茶マフィン。

 

〈材料〉(大きめのマフィン型3つ)

・ホワイトチョコ(DARS)…8粒

・牛乳または豆乳…20ml

・グラニュー糖…65g

・バターまたはマーガリン…60g

・卵…ひとつ

・薄力粉…95g

・抹茶…5g

・ベーキングパウダー…2g

・マシュマロ…大きいもの3〜4つ

 

〈作り方〉

f:id:tomatoast8:20171126144254j:image

チョコを湯煎にかけて溶かします。溶けたら牛乳も加えて人肌程度に温めておきます。

 

②グラニュー糖とバターをすり混ぜます。全体がポロポロ馴染めばオッケー。

f:id:tomatoast8:20171126144413j:image

このくらいで。

 

③ここからはゴムべらに持ち替えてひたすら混ぜていきます。

溶きほぐした卵を②に数回に分けて入れ、その都度まぜまぜ。

ふるった粉類とチョコを3回に分けて交互に入れ、つどまぜ。

粉を入れてから粘り気が出るまでしっかり混ぜることで、ちゃんと膨らんでくれます。

 

f:id:tomatoast8:20171126144754j:image

生地をスプーンなどで型に入れて、マシュマロをちぎって入れます。

マシュマロはお好みでチョコチップやナッツにしてもおいしいと思います。

(果物も考えてみたけど抹茶に合う果物ってベリー類くらいしか思い浮かばない…他に合うものはなんじゃろな…??)

 

慣れないマフィン作りで型に生地がベッタベッタ付いてるけど焼けばノープロブレム!味がよければ全てよし!

 

⑤170℃で30〜40分焼きます。

焼けたら真ん中に真っ直ぐ竹串を刺して、ベチャッとした生地が付いていなければ焼き上がり。

網の上で冷まして完成です。

f:id:tomatoast8:20171126145047j:image

いい色。焼けたマシュマロの香ばしい匂いがします。

 

学校に持っていって友達と一緒にいただきました。

茶の味がシッカリ出ていておいしかったです!

抹茶好きな友達にも好評だったようでハッピー。

作り甲斐あるリアクション、いつもありがとう。

 

マシュマロ付近の生地が苔むしてるみたいに湿っていましたが、そこがまたねっちりしていていい感じでした。

マシュマロと抹茶て意外と相性いい!

どっしりしっとりでひとつでお腹いっぱいになりました。

ごちそうさまでした!また作る!

 

次はチョコチップ入れてもうちょっと低温で長めに焼いてみよー。

 粉糖でお化粧してもよさそうです。

 

 

久しぶりの更新でした!

その間も色々お菓子は作ったりしていたのですが、いつもいつも写真撮り忘れてたもので…

 

抹茶の賞味期限が12月なので、きちっと使い切るため抹茶お菓子月間中です。

次はたぶんシュークリームか生チョコタルトします!

 

 

ラムシフォンケーキと、秋探し

f:id:tomatoast8:20170930113708j:image

 

今日のケーキは、ラム酒を入れたシフォンケーキ。

 

水分の半分がダークラムで、洋酒のいい香りのシフォンです。

 

f:id:tomatoast8:20170930120511j:image

いただきます!

 

f:id:tomatoast8:20170930113936j:image

ふわふわしっとり、キメ細やかです。

 

約1ヶ月ぶりのケーキ作り。

週末、月末のご褒美として、ホールでぺろっと頂きました(๑´ڡ`๑)

 

 f:id:tomatoast8:20170930114643j:image

ごちそうさまでした!

 

“私の家” の小さな非力のオーブンでも、やっとこさキレイな形のシフォンが焼けるコツがわかりました。

色々な味のシフォンケーキに挑戦していきますよーーう。

 

でも次はシュークリーム作ってみたいです。

カスタードもりもり。

 

 

 秋発見その1。

 f:id:tomatoast8:20170930121032j:image

この季節は早朝の空がきれいです。

 

f:id:tomatoast8:20170930121022j:image

ある日の5時30分。

f:id:tomatoast8:20170930121000j:image

30分後、日が昇ってきました。

 f:id:tomatoast8:20170930120952j:image

またある日の6時の朝焼け。

 

まだ寝ぼけている脳みそに澄んだ空気が染み渡ります。

 

 秋発見その2。

f:id:tomatoast8:20170930115106j:image

学校の自転車置き場で、白いヒガンバナと遭遇。
初めて見ました。
紅白がきれいで、おめでたい感じで朝から嬉しくなりました。

 

f:id:tomatoast8:20170930115016j:image

夕暮れ時にもう1枚。

 

大好きなヒガンバナの香りも、風に乗ってやってくる季節になりました。

秋の匂いにお腹いっぱいに満ち満たしながら、季節を楽しんでいます。

 

 

30分でできるガトーショコラの作り方

 f:id:tomatoast8:20170829142752j:image

今日のケーキは姉直伝の超簡単ガトーショコラ。

 

粉も生クリームも必要なし、卵とチョコレートだけですぐにできちゃいます。

 

〈材料(パウンド型一つ分)〉

・卵…4個

・板チョコ…4枚

 

〈作り方〉

①オーブンを170℃で予熱します。

 

f:id:tomatoast8:20170828111121j:image

型にクッキングシートを敷きます。

ちなみに黒い物体はレーズン。

今回は牛乳パックで半量分を作ります。

 

f:id:tomatoast8:20170828110707j:image

板チョコを割って湯煎にかけ溶かします。

 

③卵を卵黄と卵白に分けます。

f:id:tomatoast8:20170828110728j:image

卵白はハンドミキサーでツノが立つくらいに泡立てます。

シフォンケーキほどメレンゲに命をかけなくても、ツノが立ってれば大丈夫です。

f:id:tomatoast8:20170828110911j:image

 

④溶けたチョコに卵黄を加え、素早く混ぜます。

メレンゲを2回に分けて加え、その都度切るように混ぜます。

全部混ざったらこんな感じ。

f:id:tomatoast8:20170828111038j:image

 

⑤生地を型に流し入れ、机に4回ほど打ち付けて空気を抜きます。

オーブンで35分焼きます。

 

f:id:tomatoast8:20170828113607j:image 

竹串をさして、ベチャっとした生地が付かなかったら焼き上がり。

ヤケドに注意しながら型から外し、クッキングシートをケーキの側面だけはがして冷まします。

冷まし中の匂いはもはやテロ級…

 

※冷ましている間にふっくら膨らんでたのがどんどん萎みシワシワになりますが(下の画像参照)、ガトーショコラはこれが成功です!ご心配なく!

f:id:tomatoast8:20170828113843j:image

 

 

いただきます!

f:id:tomatoast8:20170829142638j:image 

マンゴーがあったので一緒に。

チョコの甘さと果物の甘酸っぱさはどうしてこうも合うのか…!

 

みっちりどっしりしっとり。

濃厚なチョコ度がたまらんです。

 

レーズンも、甘さマシマシねっちり。

 

 f:id:tomatoast8:20170829142759j:image

ごちそうさまでした!

 

このガトーショコラは常温でもムッチャ美味しいですが、冷やすことでぎゅぎゅっと締まり濃厚さが増します。

また、焼いた当日よりも翌日、翌々日の方が生地が落ち着き、しっとりどっしりとなります。

ラップでぴっちり包んで、ぜひ冷蔵庫で一晩ガマンしてから召し上がってみてください!

 

お好みで粉糖でお化粧してあげたり、バニラアイスや生クリームを添えても美味です!

 

今回のように底にフルーツ(バナナ、りんご、レーズンがおすすめ)を敷いたり、ナッツを上に乗せて焼いたりなどアレンジも様々。

姉と作ったとき、冷凍いちごとマシュマロを生地に混ぜて焼きましたが、すっごく美味しかったです。

全世界の甘党に捧げたいくらい。

タルトのフィリングにもどうぞ。→http://tomatoast8.hatenablog.com/entry/2017/07/31/205504

 

このガトーショコラは何度も作っていますが、失敗知らずの裏切らない大好きなレシピです。
食べてくれた人はみんな美味しい!と口を揃え、また作ってねのお言葉が貰えるほど、嬉しいことに周りからも好評です。

 

とっても美味しくてとっても簡単。
本当におすすめのガトーショコラです。

ぜひぜひお試しください〜!

 

ラムレーズンシフォンケーキ 分量付き

 f:id:tomatoast8:20170825103442j:image

今日のケーキは、レーズンとラム酒を入れたシフォンケーキ。

 

いつものシフォンケーキの生地の水分を半分ダークラムにして、レーズン100gを刻んで入れました。

いつもは牛乳70ccで作っているので、ダークラム35ccです。

卵→砂糖→油→牛乳→ダークラム→レーズン→粉類の順で混ぜます。

 

 f:id:tomatoast8:20170824164306j:image

レーズンたっぷり。🍇

 

 f:id:tomatoast8:20170824164311j:image

焼き上がりです。

冷まし冷まし〜〜

 

f:id:tomatoast8:20170824184856j:image

焼き不足が怖くてしつこいくらい追加焼きしたので表面コゲコゲですが、ここが香ばしいのです。

この見た目だけでデリシャス!

 

f:id:tomatoast8:20170824184912j:image

上手に焼けましたー!

焼き中に何度もオーブン開け閉めしたので多少の焼き縮みは覚悟していたのですが、杞憂でしたね。

 

f:id:tomatoast8:20170825101630j:image

いただきます!

 

f:id:tomatoast8:20170825101714j:image

ふんわり〜

 

f:id:tomatoast8:20170825101719j:image 

キメもまあまあ細かくできたんじゃないかな。

 

どこを切ってもレーズンがごろごろ出てくる幸せ…!

17cm型ならレーズン100gがどうやら黄金比のようです。

 

ラム酒の味が半量でもけっこう濃く出ました。

シフォンケーキのふわふわに、パウンドケーキのようなしっとり感が加わった感じでとても美味です!

レーズン入れずにラムシフォンも良さそう!

 

ごちそうさまでした。

 

 

ただ今実家に帰省中。

母も私もラムレーズン大好きで、今回のシフォンは絶対失敗したくなかったので、すごく嬉しいです。

母も美味しいと言ってくれてハッピーハッピー!

 

あと、よく言われる「シフォンは最高に膨らんで少し落ち着いたら焼き上がり」というのが今回で理解できた…気がする。

次は、以前作ったとき見事に焼き縮んでくれたオレンジシフォンさんにリベンジです。

 

 

〈翌日追伸〉

f:id:tomatoast8:20170826144636j:image

切ってオーブンで裏表15分ずつ焼いてラスクにしました。

薄切りでカリカリ、厚切りでサクサク。

ラムの風味はほぼ飛んでますが、レーズンが焼くことで甘味を増します。

生地も香ばしくてすっごく美味しい!

 

ラムレーズンシフォン君にラスクにしても美味しい部門1位を授与しよう。

おすすめです。是非に。