終末ウィークエンド

とある芸大生がつくったものたちの記録です。

30分でできるガトーショコラの作り方

 f:id:tomatoast8:20170829142752j:image

今日のケーキは姉直伝の超簡単ガトーショコラ。

 

粉も生クリームも必要なし、卵とチョコレートだけですぐにできちゃいます。

 

〈材料(パウンド型一つ分)〉

・卵…4個

・板チョコ…4枚

 

〈作り方〉

①オーブンを170℃で予熱します。

 

f:id:tomatoast8:20170828111121j:image

型にクッキングシートを敷きます。

ちなみに黒い物体はレーズン。

今回は牛乳パックで半量分を作ります。

 

f:id:tomatoast8:20170828110707j:image

板チョコを割って湯煎にかけ溶かします。

 

③卵を卵黄と卵白に分けます。

f:id:tomatoast8:20170828110728j:image

卵白はハンドミキサーでツノが立つくらいに泡立てます。

シフォンケーキほどメレンゲに命をかけなくても、ツノが立ってれば大丈夫です。

f:id:tomatoast8:20170828110911j:image

 

④溶けたチョコに卵黄を加え、素早く混ぜます。

メレンゲを2回に分けて加え、その都度切るように混ぜます。

全部混ざったらこんな感じ。

f:id:tomatoast8:20170828111038j:image

 

⑤生地を型に流し入れ、机に4回ほど打ち付けて空気を抜きます。

オーブンで35分焼きます。

 

f:id:tomatoast8:20170828113607j:image 

竹串をさして、ベチャっとした生地が付かなかったら焼き上がり。

ヤケドに注意しながら型から外し、クッキングシートをケーキの側面だけはがして冷まします。

冷まし中の匂いはもはやテロ級…

 

※冷ましている間にふっくら膨らんでたのがどんどん萎みシワシワになりますが(下の画像参照)、ガトーショコラはこれが成功です!ご心配なく!

f:id:tomatoast8:20170828113843j:image

 

 

いただきます!

f:id:tomatoast8:20170829142638j:image 

マンゴーがあったので一緒に。

チョコの甘さと果物の甘酸っぱさはどうしてこうも合うのか…!

 

みっちりどっしりしっとり。

濃厚なチョコ度がたまらんです。

 

レーズンも、甘さマシマシねっちり。

 

 f:id:tomatoast8:20170829142759j:image

ごちそうさまでした!

 

このガトーショコラは常温でもムッチャ美味しいですが、冷やすことでぎゅぎゅっと締まり濃厚さが増します。

また、焼いた当日よりも翌日、翌々日の方が生地が落ち着き、しっとりどっしりとなります。

ラップでぴっちり包んで、ぜひ冷蔵庫で一晩ガマンしてから召し上がってみてください!

 

お好みで粉糖でお化粧してあげたり、バニラアイスや生クリームを添えても美味です!

 

今回のように底にフルーツ(バナナ、りんご、レーズンがおすすめ)を敷いたり、ナッツを上に乗せて焼いたりなどアレンジも様々。

姉と作ったとき、冷凍いちごとマシュマロを生地に混ぜて焼きましたが、すっごく美味しかったです。

全世界の甘党に捧げたいくらい。

タルトのフィリングにもどうぞ。→http://tomatoast8.hatenablog.com/entry/2017/07/31/205504

 

このガトーショコラは何度も作っていますが、失敗知らずの裏切らない大好きなレシピです。
食べてくれた人はみんな美味しい!と口を揃え、また作ってねのお言葉が貰えるほど、嬉しいことに周りからも好評です。

 

とっても美味しくてとっても簡単。
本当におすすめのガトーショコラです。

ぜひぜひお試しください〜!

 

ラムレーズンシフォンケーキ 分量付き

 f:id:tomatoast8:20170825103442j:image

今日のケーキは、レーズンとラム酒を入れたシフォンケーキ。

 

いつものシフォンケーキの生地の水分を半分ダークラムにして、レーズン100gを刻んで入れました。

いつもは牛乳70ccで作っているので、ダークラム35ccです。

卵→砂糖→油→牛乳→ダークラム→レーズン→粉類の順で混ぜます。

 

 f:id:tomatoast8:20170824164306j:image

レーズンたっぷり。🍇

 

 f:id:tomatoast8:20170824164311j:image

焼き上がりです。

冷まし冷まし〜〜

 

f:id:tomatoast8:20170824184856j:image

焼き不足が怖くてしつこいくらい追加焼きしたので表面コゲコゲですが、ここが香ばしいのです。

この見た目だけでデリシャス!

 

f:id:tomatoast8:20170824184912j:image

上手に焼けましたー!

焼き中に何度もオーブン開け閉めしたので多少の焼き縮みは覚悟していたのですが、杞憂でしたね。

 

f:id:tomatoast8:20170825101630j:image

いただきます!

 

f:id:tomatoast8:20170825101714j:image

ふんわり〜

 

f:id:tomatoast8:20170825101719j:image 

キメもまあまあ細かくできたんじゃないかな。

 

どこを切ってもレーズンがごろごろ出てくる幸せ…!

17cm型ならレーズン100gがどうやら黄金比のようです。

 

ラム酒の味が半量でもけっこう濃く出ました。

シフォンケーキのふわふわに、パウンドケーキのようなしっとり感が加わった感じでとても美味です!

レーズン入れずにラムシフォンも良さそう!

 

ごちそうさまでした。

 

 

ただ今実家に帰省中。

母も私もラムレーズン大好きで、今回のシフォンは絶対失敗したくなかったので、すごく嬉しいです。

母も美味しいと言ってくれてハッピーハッピー!

 

あと、よく言われる「シフォンは最高に膨らんで少し落ち着いたら焼き上がり」というのが今回で理解できた…気がする。

次は、以前作ったとき見事に焼き縮んでくれたオレンジシフォンさんにリベンジです。

 

 

〈翌日追伸〉

f:id:tomatoast8:20170826144636j:image

切ってオーブンで裏表15分ずつ焼いてラスクにしました。

薄切りでカリカリ、厚切りでサクサク。

ラムの風味はほぼ飛んでますが、レーズンが焼くことで甘味を増します。

生地も香ばしくてすっごく美味しい!

 

ラムレーズンシフォン君にラスクにしても美味しい部門1位を授与しよう。

おすすめです。是非に。

 

炊き込みご飯と、玉ねぎの豚巻き

f:id:tomatoast8:20170807083918j:image

 

今日の朝ご飯は、納豆のタレ炊き込みご飯。🍚

言わば納豆のタレで炊き込んだ具沢山ご飯。

 

使ったタレは、ミツカン金のつぶのたまご醤油たれ(http://www.mizkan.co.jp/chilled/recipe/umetamago/)です。

タレたっぷりなので、タレ1袋で半号いけます。

 

f:id:tomatoast8:20170807084019j:image

 

このおコゲ様を見よ!!

こうばしーーーー!

 

 

f:id:tomatoast8:20170807084215j:image

母から教えてもらった、玉ねぎの豚巻き。

輪切りにした玉ねぎを豚肉で巻いて焼き、タレを絡めます。

タレは照り焼きのでも焼肉のでもおいしいそうです。

 

でも今回はちょっと失敗しちゃって、玉ねぎを分厚く切りすぎたせいか、しっかり火が通っていなく辛みが残っていたのが残念だった!

 

うまくいくと玉ねぎがとろとろになってすっごく甘くておいしいそうです。

とろとろ玉ねぎ食べたかった…!

 

どちらも簡単( ゚Д゚)ウマーです!

お試しください〜!🙌🏻

 

おんたまトマトぶっかけそうめん

f:id:tomatoast8:20170806194058j:image

 

今日のご飯はトマトソースとおんたまが相性最高なぶっかけそうめんです。🍅🥚

 

ざっくりとした作り方は、茹でたそうめんにソースとめんつゆ少々をかけ、おんたまとトマトと刻み海苔をのっけるだけです。

簡単。イージー。

 

トマトソースはKAGOMEのトマトめんつゆ(http://sp.kagome.co.jp/tomato-mentsuyu/index.html)です。

今回みたくそのままぶっかけても、水で薄めてつけつゆにしても、どちらもおいしかったのでおすすめです!

 

そうめんは大麦若葉入りのきれいな緑色のそうめんです。

ほんのり味があってこれだけでもうまし!

 

どちらも実家から送ってもらったものです。

私も好きなものをよく分かってくれててとってもありがたい…。🙏🏻

 

f:id:tomatoast8:20170806194336j:image

 

おんたまを割ってまぜまぜしていただきます。

 

トマトソースの甘酸っぱさに卵のまろやかさが加わって、ほんとにおいしい!

つるつるーっといくらでも食べられます!

普通の白いめんとめんつゆでやっても絶対おいしいやつだこれ。

これは…夏にしか味わえない。☀️

 

おんたまは今回初めて作ってみたのですが、母直伝の作り方のもと大成功でした。

おんたまでレパートリーがひろがりんぐだ〜!

 

おいしかった野菜炒めのタレの作り方

f:id:tomatoast8:20170803095124j:image

 

先日作った肉野菜炒め。

ちゃちゃっとやってみたタレがなかなか美味だったので記録しておきます。

 

〈材料〉

・焼肉のタレ

ケチャップ

ウスターソース

・粒マスタード

 

分量は1:1:1:1です。全部同じ量。

フライパン1周分を回し入れました。

 

ケチャップとウスターソースマスタードなので、お肉はウインナーを入れるのがおすすめです!

甘辛い味でマスタードがピピっときいています。

白ご飯がすすむすすむ〜🍚

 

このタレに名前を付けてあげたいけど、ネーミングセンスが皆無なのでやめておこう…。

 

 

私の野菜炒めは具沢山で、じゃがいもにんじん玉ねぎナスしょうがは必ず入ります。

気分次第でピーマンいんげんブロッコリーもやしなどなど。

 

色んな味と食感ですごくおいしくて好き!

お箸は留まることを知らないです。

毎週食べてるけど飽きない。ほんとに。

 

 

和風みるくぷりんの作り方

f:id:tomatoast8:20170730193146j:image

ミルク、抹茶、きなこの3種類の和風な味を楽しめる、見た目も可愛いプリンです。

作業中の写真を撮り忘れていたので、今回の記事は少し寂しめです。

 

〈材料(3カップ分)〉

・牛乳または豆乳…600cc(※200cc)

・砂糖…45g(※15g)

・ゼラチン…15g(※5g)

・ゼラチンをふやかす水…大さじ6(※大さじ2)

・きなこ…15g

・抹茶…15g

※は1種類の味分の分量です。

 

〈作り方〉

①ゼラチンを3種類分それぞれ分けて水でふやかしておきます。

 

②豆乳、砂糖、(きなこまたは抹茶)を沸騰しないように気をつけながら砂糖が溶けるまでよく混ぜます。

砂糖が溶けたら火を止め、ゼラチンを加えさらによく混ぜます。

 

③それぞれの味を違う容器に濾し入れます。

 

④お好みの順番で少しずつ液をカップに入れていきます。

入れたらその都度冷やし固めます。

(プリンカップを氷水に浸してカップ自体を冷やしながら入れていくと早く固まります。)

これを繰り返します。

 

⑤全部入れきったら冷蔵庫に入れて冷やします。

 

完成です!🙌🏻

お好みできなこや抹茶、あんこ、バニラアイス、黒蜜などを添えても美味です。

 

前回のりんごショコラタルト(http://tomatoast8.hatenablog.com/entry/2017/07/31/205504)と同様、友達のお誕生日祝い用に作りました。

 

抹茶が苦手な友達にも抹茶層を1ミリくらい入れてみたのですが、ミルク層ときなこ層と一緒に食べるとおいしいと言って完食してくれました。

開口一番「おいしい」も頂けてすっごく嬉しかった!😆

 

簡単かわいくて濃厚プルプルな三層ミルクプリン。

ぜひお試しください!

 

バラりんごショコラタルトの作り方

f:id:tomatoast8:20170731183442j:image

今日のケーキは、ガトーショコラタルトに可愛らしいバラりんごを添えたケーキです。

 

〈材料〉

〇バラりんご

・りんご…2分の1玉

・グラニュー糖(砂糖)…15g

・バター(マーガリン)…10g

・シナモン…適量

〇タルト台

・マーガリン…60g

・砂糖…60g

・卵黄…1個分

・薄力粉…120g

〇ガトーショコラ

・板チョコ…3枚

・卵…3個

〇簡単ナパージュ

・ジャム…小さいスプーン1杯

・水…少量

 

〈作り方〉

①まずタルト台から取り掛かります。

柔らかくしておいたマーガリン、砂糖、卵黄を入れてそれぞれ混ぜます。

振るった薄力粉を入れ、ゴムベラで混ぜます。

f:id:tomatoast8:20170730135036j:image

こんな風にひとつにまとまったら混ぜ終わりです。 

 

②マーガリンと小麦粉を振るったタルト型に生地を入れます。

f:id:tomatoast8:20170730135642j:image

冷蔵庫で30分ほど生地を寝かせます。

オーブンを180℃で予熱します。

 

③次にバラりんごを作ります。

りんごを薄くスライスし、変色防止のため塩水に浸しておきます。

f:id:tomatoast8:20170730135109j:image

 

④耐熱皿にりんご、マーガリン、砂糖、シナモンを入れラップをし、レンジで650wで4分ほどチンします。

f:id:tomatoast8:20170730135123j:image

フニャフニャとろとろになります。

すでにおいしそう!おいしかったです!(つまみ食い常習犯)

 

⑤チンできたら一度全体を混ぜ、粗熱をとります。

粗熱が取れたらよく汁気を切り、バラを作っていきます。

りんごを端を少し重ね合わせて6枚ほど並べ、真っ直ぐ巻きます。

花びらを外側に広げ、形を整えます。

 

⑥タルト台をオーブンで15分ほど焼きます。

薄く焼き目がつくくらいまで。

焼けたら次は170℃で予熱します。

 

⑦タルト台を焼いている間にガトーショコラ生地を作ります。

板チョコを湯煎して溶かしている間に、卵を卵黄と卵白に分け、卵白を角が立つくらいに泡立てます。

 

⑧チョコが完全に溶けたら卵黄を入れ素早く混ぜます。そこにメレンゲを2回に分けて入れ、その都度混ぜます。

 

⑨ボウルごと台に4.5回落として空気を抜きます。

焼けたタルト台に生地を流し入れ、バラりんごを表面に置きます。オーブンで35分ほど焼きます。

焼けたら真ん中に竹串を刺してみて、何も付いてこなければ焼き上がりです。

f:id:tomatoast8:20170730135230j:image

焼き上がりです。

上手に焼けましたー!

生地が余ったのでマフィン型でも焼きました。

f:id:tomatoast8:20170730135254j:image

 

 

⑩ケーキの粗熱を取っている間に、簡単ナパージュを作ります。

ジャムと水を耐熱カップに入れ、レンジで1分ほどチンして混ぜます。

粗熱が取れたらバラりんごに薄く塗ります。

 

⑪ケーキの粗熱が取れたら型から外します。

冷蔵庫に入れナパージュを冷やし固めます。

 

 f:id:tomatoast8:20170731183430j:image

完成ー!

 

いただきます!

f:id:tomatoast8:20170731183456j:image

サクサクのタルトと濃厚なガトーショコラがよく合う…!

りんごもショリショリ甘くておいしかったです。🍎

味も見た目もうまくいってヨカッター!

ただ、仕上げの粉糖を忘れたのが悔しい…!

 

友達のお誕生日のお祝いに、このケーキとオレンジシフォンケーキと和風ミルクプリンを作りました。 

f:id:tomatoast8:20170731183731j:image

オレンジシフォンは、オレンジジュースとマーマレードを混ぜ込みました。

味は良くても、底上げで形がぶさいくになってしまったのが残念😖

 

友達からもご好評をいただきました。

直接おいしいって言ってもらえることの嬉しさ…!破壊力…!

作るのも食べるのも楽しくて嬉しいお菓子作りってすんばらしいです!!

もっと色んなケーキに挑戦したい!というかする!

とりあえずシフォンケーキをマスターせねば!

やっほい!