終末ウィークエンド

とある美大生がつくったものたちの記録です。

カステラ七変化

まずはお久しぶりです…!

久々にブログチェックしたら見てくださる方が増えてて、驚きと嬉しさと焦りが同時にやってきました…ありがとうございます。

諸事情あって、この頃ケーキ作りから遠のいております。

でもでも作りたいものはいくつかあるので、また機会を見つけて作ります!

ブログにも早く色んなこと書きたいと思っています。

 

さて!

f:id:tomatoast8:20180227111902j:image

近所のスーパーでやってた長崎物産展で、お得用カステラを買いました。

 

定番のプレーンは売り切れだったけど、変わり種のチョコと抹茶をゲットだぜ!

ひと袋250gも入ってるので、これでカステラパーティが叶っちゃいます。

 

 レンガ積み積み〜

f:id:tomatoast8:20180226143557j:image

 

しかし私は考えた…

せっかくこんなにたくさんカステラがあるのなら、普通に食べるだけではもったいない。

(というか流石に飽きてきちゃうのでは…!?)

 

てことで、今回は試してみておいしかったカステラの色々な食べ方をご紹介します。

 

まずは簡単なとこから!

 

その一、レンチン。

2切れで50W、30〜40秒チンしました。

しっとり感が増して、やっさし〜い甘さになります。

レンジの扉を開けたときの匂いがもうすでにおいしいです。食べて二度おいしい。

ほわほわで幸せもマシマシ。

 

 

その二、トースト。

表面がサクサクになって、中のしっとりとの食感の違いがよき。

6〜7分ほどしっかり焼くのが好きです。

マーガリンを塗るのも塩気が加わっておいしいかもしれません。

 

 

その三、カステラホットサンド。

どんっ

f:id:tomatoast8:20180226104250j:image

閉じて焼くこと6.7分…

ぱかっ!湯気ッ!

f:id:tomatoast8:20180226104336j:image

カリカリ、中しっとり…!

端っこの薄焼きになったところはソフトクッキーぽくなります。

 

チョコと抹茶を重ねて無理くり焼いたものがこちら。

f:id:tomatoast8:20180226104447j:image

1枚ずつ焼いた方がカリカリだったかもしれぬ!

 

 

その四、カステラフレンチトースト。

f:id:tomatoast8:20180227104054j:image

4切れで卵2つ、牛乳200mlです。

一晩つけてヒタヒタにしておきました。

フライパンで両面いい色がつくまで焼きます。

 

f:id:tomatoast8:20180227104134j:image

少し焼き足ししました。

このくらいこんがりカリカリ焼いた方がウマシ。

 

 

その五、カステラチーズトースト。

 f:id:tomatoast8:20180227104228j:image

カステラにとろけるチーズを乗せて、チーズに軽く焦げ目がつくまで焼きます。

 

f:id:tomatoast8:20180227104327j:image

のび〜〜

カステラの甘さとチーズのしょっぱさがたまらんです…!

一番味が変わりました!

おいしかったですおすすめです!

 

 

今回試した食べ方は以上です!

七変化なのにあと2つ残ってる?

あーーーなんも聞こえないーーっ

 

色々試してみてカステラの可能性を感じました。

カステラは少し手間を加えるだけで味も食感もぐるぐる変わる面白い食べ物です!

そして甘さとしょっぱさのタッグは強い。

再確認せざるを得ない。